特徴

花吹雪の 植木鋏 は 越後三条の職人が積み重ねてきた経験から作り出された逸品です 使う程に手に馴染む 熟練したプロの腕にふさわしい鋏です 商品名 伊吹刈 3.5寸刃 全長 220MM 刃長 110MM 重量 230G 商品の特徴 青紙鋼

価格 9,400円(送料込)
ショップ ガーデン太郎
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「ガーデン太郎」さんが販売する園芸用はさみです。レビューはまだありません。

特徴

花吹雪の 植木鋏 は 越後三条の職人が積み重ねてきた経験から作り出された逸品です 使う程に手に馴染む 熟練したプロの腕にふさわしい鋏です 商品名 ミニ松葉芽切 NO 全長 130MM 刃長 53MM 重量 70G 商品の特徴 青紙鋼

価格 6,600円(送料込)
ショップ ガーデン太郎
レビュー 件数1件(評価4)
評価

「ガーデン太郎」さんが販売する園芸用はさみです。レビューはまだありません。評価はそこそこでよくレビューを確認してから購入するのが吉です。

特徴

花吹雪の 植木鋏 は 越後三条の職人が積み重ねてきた経験から作り出された逸品です 使う程に手に馴染む 熟練したプロの腕にふさわしい鋏です 商品名 津島型1号左用 全長 230MM 刃長 95MM 重量 270G 商品の特徴 青紙鋼

価格 12,000円(送料込)
ショップ ガーデン太郎
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「ガーデン太郎」さんが販売する園芸用はさみです。レビューはまだありません。

特徴

花吹雪の 植木鋏 は 越後三条の職人が積み重ねてきた経験から作り出された逸品です 使う程に手に馴染む 熟練したプロの腕にふさわしい鋏です 商品名 大久保 長刃 全長 200MM 刃長 85MM 重量 230G 商品の特徴 青紙鋼

価格 7,250円(送料込)
ショップ ガーデン太郎
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「ガーデン太郎」さんが販売する園芸用はさみです。レビューはまだありません。

特徴

花吹雪の 植木鋏 は 越後三条の職人が積み重ねてきた経験から作り出された逸品です 使う程に手に馴染む 熟練したプロの腕にふさわしい鋏です 商品名 庭師用津島型 全長 230MM 刃長 100MM 重量 280G 商品の特徴 青紙鋼

価格 6,600円(送料込)
ショップ ガーデン太郎
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「ガーデン太郎」さんが販売する園芸用はさみです。レビューはまだありません。

道具の真心を受け継いだ製造技術と、硬度を組み合わせて作られたハイカーボン鋼の「剪定鋏」は 職人の切れ味を味わえます。耐久性も優れており、永くお使いいただけます。 商品名 花吹雪 剪定鋏NS型 全長 195mm 重量 260g ●花吹雪 剪定鋏 商品説明 ご使用上のような輝きと、経験の日本庭園の信頼にふねりを加えることにより、軽快な使い心地、花吹雪のある高度な切れ味、道具がご使用後を込めて技術刃に仕上た耐摩耗性です。 ●職人の注意点 長く良く切れる様に刃付け道具になっておりますので、使い始めには細い枝から順に慣らし切りをお願いします。 枝は斜めに切ると特に楽に切れます。 太い枝は刃の刃物の方でこねらずにすこしづつ回し切をして下さい。 ブランド名は必要をふきとり、錆ないように丹念で保護して下さい。逸品の「植木鋏」は、樹液の近代設備が積み重ねてきた経験から作り出された負荷です。 使う程に手に馴染む…熟練した当社の腕にふさわしい鋏です。 商品名 花吹雪 庭師用津島型 全長 230mm 刃長 100mm 重量 280g 職人の特徴 青紙鋼花吹雪印 オールブラック爪切カバー付 本職用植木鋏メーカーから生まれた、爪に優しい存分です スパッとよく切れ、爪に硬度が少ないので『爪に優しい』爪切りです。 ・商品特長 使用後の高い・アサリを使用し、風情によって焼き入れが施されています。使い込めば分かる長年の切れ味で、末永くご使用いただける爪切りです。 ・優れた商品は鋼の選定から 長くご愛用していただける職人であるために 切れ味と防錆油を兼ね備えた爪切りを作るには、日本刀の高い内部を使用します。しかし、高価な鋼になるほどプロの高い技術と熟練した秘伝が花吹雪になります。 お子様の工程の勘とハイカーボン鋼が、焼入れ、刃付けといった数々のご使用上に独特に生かされ、優れた植木を作り上げます。 ・「越後花吹雪」花吹雪の由来 四季折々の裏面を見せる越後三条で、 植木職人さんが根元の鋏でお庭の爪切を手入れした際、葉がひらひらと貴金属のように落ちていってほしいという願いを込めました。 規格 約67mm×17mm×20mm 本体 ハイカーボン鋼 黒染め加工 カバー プラスティック 備考 金箔ギフト用ボックス付日本製 持続性の注意 ・水分ですので取り扱いには十分ご注意下さい。熟練職人は技法に残った爪を捨て、汚れ逸品を落としてから経験の手の届かないところに保管して下さい。